ジェネリック医薬品アイピルの副作用とは

2017年6月14日

アフターピルであるアイピルはノルレボ錠のジェネリック医薬品です。それは、一般的に病院で避妊薬として処方されるノルレボ錠と同じような効果をもたらしてくれます。病院で処方されている薬と同様の成分とはいえ、ホルモンバランスを一時的に大きく変化させることで、強制的に子宮内膜を剥がす働きを持つので身体に大きな負担がかかるので副作用も起きてしまうことになります。

アイピルの副作用として、よくあげられるのは不正出血や吐き気、倦怠感、頭痛、下腹部の痛みなどです。個人差はあるものの、服用時から1週間程度で生理が始まるのですが、アイピル服用後にすぐ出血がある方もいます。それを不正出血と言うのですが、生理だと勘違いする人も中にはいるのです。そういったことをきちんと知った上で、アイピルを服用するようにしましょう。

不正出血と生理の違いとは

聴診器と本
性行為後72時間以内の服用で避妊の効果を発揮するのですが、服用後は3日~3週間程度で生理が起こります。そうなれば、避妊成功の証です。そして、通常の生理より周期が遅れて出血があるということは決してありません。生理予定日が過ぎても生理が来ない、もしくはかなり遅れての出血となった場合は前回の性行為時に妊娠をしているという可能性もあるのです。その場合は着床出血考えられるので、早急に産婦人科での妊娠検査をするようにしましょう。

また、排卵による出血も少量ながらあります。アイピルの服用と同時に排卵が起こると、生理かどうかはっきりとした区別がつかないことがあると言います。日頃から排卵時期に血が出ない人は生理だと思って良いでしょう。これらがすべて3日以内に起こった場合は、アイピルの副作用では無く、病気によるものの可能性が高いことがいえます。

副作用で吐き気を起こしやすいその理由とは

アイピルなどのピルに含まれているプロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンが増加することで吐き気は引き起こされます。この成分は子宮内膜を強制的に剥がして、避妊するためには欠かせない成分です。しかし、吐き気を引き起こしてしまう2つの働きがあるのです。
それは、脳の中枢神経を刺激する働きと血圧を低下させる働きがあることが影響しています。

中神経が刺激されると、嘔吐中枢神経も反応してしまうため吐き気をもよおしてしまうのです。また、血圧が低下すると胃腸の筋肉を収縮させる「ぜん動運動」の働きが弱まってしまいます。このことで、通常は食べ物を直腸まで運ぶのを促す働きをしていますが、ぜん動運動が弱まって、胃酸や食べ物が逆流しやすくなり、吐き気が生じるのです。

倦怠感は、疲労物質や老廃物の蓄積!?

足をマッサージする女性
ホルモンバランスを乱すアイピルを服用することで、プロゲステロンの分泌が増加されます。すると、体内に水分を留める働きを持っているので、むくみやすくなってしまいます。そのむくみによって、老廃物の排出がスムーズにいかなくなります。そうして、蓄積されることで倦怠感が生じてしまうのです。

また、プロゲステロンの分泌が増加するとバランスを取ろうとエストロゲンが減少します。それが、血管の拡張作用が低下して血流が悪くなります。そして、血行不良になるせいで疲労物質は取り除かれなくなります。そうなれば、身体に疲労物質は溜まり続けてダルさを引き起こすのです。

副作用を理解した上で、最安値を探すには

こうして、きちんと副作用のことを知った上でアイピルの使用をしなければ、服用後も起こっても仕方のない副作用が現れて不安に陥ってしまうことになります。そして、あまりに症状が悪化したり、違う症状が現れたりする場合にはすぐに病院で受診するようにしましょう。

アイピルの働きや副作用について知った後には、アイピルがどこで安く手に入れられるか調べることも大事ですよね。個人輸入代行通販サイトもいろいろありすぎて、どれが良くてきちんとした本物を販売しているのか知らないといけません。色々調べたり、周りの友人に聞いたりしてみると、アイピルが最安値で販売されているサイトを教えてもらいました。こうして、自ら情報を集めてみることもこれからは必要になってくるでしょう。

PAGE TOP